結局どれが最強?ワードプレスのパーマリンク設定

結局どれが最強?ワードプレスのパーマリンク設定

今回は、ワードプレスをインストールしたら真っ先にやったほうが良いパーマリンクの設定について、僕なりにあれこれ考察してみました。

そして、最強のパーマリンク設定とは何なのかを決めてみました。

今まさにパーマリンク設定をしようとしている方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク



パーマリンクとは?

ざっくり言えば、ワードプレスでページごとに設定されるURLのことです。

今の記事であれば、「http://exidesign.com/wordpress-permalink-setting/」の太字の部分のお話です。

ワードプレスでパーマリンクを設定するには、管理画面の設定 > パーマリンク設定 で以下のように簡単に設定可能です。

パーマリンク設定

では、早速本題に入っていきたいと思います。

 

デフォルトのパーマリンクはダメ?

http://exidesign.com/?p=投稿ID

ワードプレスのデフォルトでは、パーマリンクはこうなっています。

よく「動的URLはSEO的に悪い」とか、「動的URLはインデックスされにくい」とか、言われますが、それは昔話です。(ワードプレスの時点で投稿ページは動的に生成されているわけで)
ただ、URLから中の情報が何かわからないのでGoogleが推奨するURLではないというだけです。

ちなみに、Google先生は以下のように述べています。

シンプルな URL 構造を維持する

サイトの URL 構造はできる限りシンプルにします。論理的かつ人間が理解できる方法で(可能な場合は ID ではなく意味のある単語を使用して)URL を構成できるよう、コンテンツを分類します。

メリット
  • デフォルトなので設定不要!
  • 投稿ごとにURLを気にする必要がない
デメリット
  • シンプルではあるが、ただの数字である

サクサクとコンテンツ作りに励みたい方はこれで全然OKだと思います。

 

もっと短くまとめるならpost_idのみもあり。

http://exidesign.com/投稿ID

ワードプレスのデフォルトのパーマリンクから、さらに余分なものを取り払った形です。

恐らく、究極のシンプルさです。が、数字のみなので意味はわかりませんね。

メリット
  • 投稿ごとにURLを気にする必要がない
デメリット
  • シンプルではあるが、ただの数字である

このパーマリンクがいい場合は、カスタム構造を選択して以下の文字をコピペしていただければOKです。

 

日付型パーマリンクはダメ?

http://exidesign.com/年/月/日/投稿名

これも、ワードプレスで選択可能なパーマリンクの1つですけど、僕は嫌いです。

メリット
  • いつ書いた記事か一目でわかる
デメリット
  • いつ書いた記事か一目でわかる

URLからその情報が古いのか新しいのかが推測できてしまいます。

古い記事だと読まれないことも考えられますのであまりお勧めしません。

ただの日記ならこれでOKです。

 

定番のパーマリンク投稿名型

http://exidesign.com/投稿名

これが、一番人気があるようです。Googleが推奨する「シンプルかつ論理的かつ人間が理解できるURL」にもバッチリ当てはまりますし。

ただし、日本語タイトルで記事を書いた場合(僕は、日本語で書きますけどね)エンコードされると意味不明の長い文字列になることがあるので、その辺が難しいところです。

Googleの検索結果には日本語でURLが出ますけども。何かにコピペしたらエンコードされたりしますね。

メリット
  • Googleの推奨条件にバッチリ
デメリット
  • エンコードされたくなければ、投稿ごとに英語で書かなくてはいけない。
  • 日本語の場合エンコードされると決して、シンプルではない気がする。

このパーマリンクを使いたい場合は、パーマリンク設定で「投稿名」を指定するだけでOKです。

簡単です。

 

サイトの構造を意識したカテゴリー/投稿名型

http://exidesign.com/カテゴリー名/投稿名

これも定番とも言えるパーマリンク構造です。
サイトの構造もわかりやすく、まさに理想的なパーマリンクと言えるでしょう。

だがしかし!これには重大な欠点がありますので、ご利用の際はそこだけ理解した上でご利用ください。

メリット
  • Googleの推奨条件にバッチリ
  • サイトの構造もわかりやすうい
デメリット
  • エンコードされたくなければ、投稿ごとに英語で書かなくてはいけない。
  • 日本語の場合エンコードされると決して、シンプルではない気がする。
  • カテゴリーを後で変更した時にURL変更を伴う

上に書いたようにカテゴリーを後で変更してしまうとURLが変更されるため、SEO効果はリセットされますし、SNSなどでのシェア数もリセットされてしまいます。これだけは避けなければならないのでカテゴリー分類は慎重に、かつ変更をしないようにしなければいけません。

ご利用の際はカスタム構造を選択して以下のコードを貼り付けてください。

 

スポンサーリンク



まとめ

恐らく、パーマリンクごときに最強とかありません。ワードプレスの使い方や好みの問題だと思われます。

が、あえて最強を決めるのであれば、Google先生の推奨に近く、カテゴリー変更時にも影響の無い、以下のような投稿名型のパーマリンクを最強とさせていただきます。

http://exidesign.com/投稿名

途中でパーマリンク構造を変更することが最も不利益になりますので、途中でパーマリンクを変更することのないように最初に設定しておけば、そこまで神経質になる必要は無いと思います。

スポンサーリンク