売れてるネットショップの商品仕入先

売れてるネットショップの商品仕入先

「楽天」「Yahoo!ショッピング」「Amazon」などで、ネットショップを運営していれば、ランニングコストもかかるし、当然ドンドン売り上げを上げたいもの。そこで実際に、売れてるネットショップが必ずと言っていいほど行っている作戦の1つとして、取り扱い商品数の増加があります。うん、これは絶対。

(大手企業で既に商品数が莫大にある場合は別として)たいていのネットショップは商品数不足に悩まされる事でしょう。その場合、セット商品を作ったりして、なんとかかんとか商品数を増やそうとすると思います。でも、実際、商品の仕入先が無いと、限界じゃ無いですか?

そんなネットショップの商品数不足をズバッと解消する、商品の仕入先をご紹介させていただきます。

スポンサーリンク



もしかしてドロップシッピング?

そー思ったあなた、、、、正解!

ドロップシッピングを知らない方の為に簡単に説明させてもらいます。

ドロップシッピングDrop Shipping)とはインターネット上における商品の広告または販売の一形態で、商品等をウェブサイトの閲覧者が購入した場合に商品の発送(場合によっては請求も含む)を販売したウェブサイトの提供者や広告者ではなく製造元や卸元が直接行う取引方法の名称である。
引用:ドロップシッピング – Wikipedia

要するに、まとめればネットショップの商品の仕入先として使うことができる。
ドロップシッピングのメリットは、

  • ネットショップで商品が売れた場合に卸元がお客さんに商品を直接送ってくれる
  • 自社で取り扱えなかった商品を取り扱えるようになる
  • 商品数を爆発的に増やすことができる

といった感じかと思います。

今回は、そんなドロップシッピングのサービスをかなり調べて、実際に僕が楽天とYahoo!ショッピングの商品の仕入先として採用したドロップシッピングサービスをご紹介します。

ドロップシッピングの老舗「もしもドロップシッピング」

これは有名すぎて知っている方もいるかもしれませんが、今回ご紹介したいのはこの「もしもドロップシッピング」!

・・・ではありません 笑。

バナーを見る限り、なんかいいことだらけみたいな感じがありますが、「楽天」「Yahoo!ショピング」「Amazon」などのいわゆるモール型で使うには全く向いていません

というのも、そーいったモール型のネットショップで使うには、仕入れ価格が高すぎて下手すると、モールの手数料で赤字になります。

商品数自体は増やせるんですが、この仕入れ価格だと、利益を出そうと価格を高くしたら売れないし、売ろうと思って価格を下げると利益無いし。とても不毛なことになります。

本格的商品仕入れサイト「TopSeller」

今回、僕のネットショップにも導入してもらったのがこの「TopSeller」です。もしもドロップシッピングを運営している「株式会社もしも」が運営しているサービスです。

同じ会社が運営しているだけあって、商品ラインナップとしては、もしもドロップシッピングとほぼ変わらないですが、同じ商品でも仕入れ価格がもしもドロップシッピングと比べるとかなり安くなっていて他店と価格勝負をすることも可能です。

他にも、TopSellerでは「楽天」「Yahoo!ショピング」「Make Shop」用の商品登録CSVデータも完備されていて、まさに至れり尽くせり!といった感じです。

また、売れた際は、受注データをそのままTopsellerにアップロードするだけで発注業務が完了という優れものです。本当に素晴らしい。

TopSellerはこちら

 

スポンサーリンク



まとめ

というわけで、ネットショップの商品数不足を解消してくれる仕入先の紹介でした。たくさん調べた仕入先を載せようかとも思っていたんですが、実際に「これは使える!」と感じた仕入先が「TopSeller」一択だったので載せませんでした。

ではでは。

スポンサーリンク